企業情報

ABOUT US

企業情報

会社案内

azbilグループの歴史ならびに事業

azbilグループの歴史ならびに事業

azbilグループは、1906年に技術商社「山武商会」として創業して以来、計測と制御の技術を追求し、独自のソリューションをお届けしてまいりました。

現在は、人々の安心・快適・達成感と地球環境への貢献をめざす「人を中心としたオートメーション」を追求。建物市場でビルディングオートメーション事業を、工場やプラント市場でアドバンスオートメーション事業を、ライフラインや健康などの生活に密着した市場において、ライフオートメーション事業を展開しています。

また、一層の成長に向けて、海外市場においても積極的に事業を展開しています。

会社概要

会社名 アズビル情報技術センター(大連)有限公司
Azbil Information Technology Center (Dalian) Co., Ltd.
(「山武情報技術センター(大連)有限公司」は2009年4月1日より社名を「アズビル情報技術センター(大連)有限公司」に変更しました。)
略式名称 ACNI
所在地 中国遼寧省大連市西崗区新開路99号 珠江国際ビル502室
(郵便番号:116011)
連絡先 TEL:0411-83679010
FAX:0411-83681120
設立 2006年12月13日
営業開始 2007年4月6日
資本金 350,000米ドル
企業形態 独資企業(アズビル株式会社100%出資)
代表者 董事長:新井 弘志
総経理:村手 恒夫
業務内容 コンピューター・ソフトウェアの開発、保守サービス
コンピューター・システムの設計、統合、インストール、及びデータ処理
情報技術関連のコンサルティング
中国語翻訳、DTP
最寄り駅

1、バス
7路線、31路線、39路線「新開路」下車すぐ

2、タクシー
大連市の「新開路」と「黄河路」の十字路の「珠江国際」とお伝えください。
大連駅から約10分/大連空港から約30分程度(混雑してない場合)で到着します。

3、地下鉄
「一二九街駅」C出口より徒歩15分

大きな地図を見る

会社設立の目的

会社設立の目的

アズビル情報技術センター(大連)有限公司(略称:ACNI)は、中国の優秀な人材を活用し、アズビルグループのオートメーション製品、業務管理システムに関連するソフトウェアを高品質・高効率的に開発・メンテナンスしていくことを目的に、アズビル株式会社の独資で2006年に設立しました。

現在のACNIは、ビルディング・オートメーション管理システム、アドバンス・オートメーション管理システム、生産管理システム、社内業務管理システムの各分野において、システム設計からシステムテスト、アプリケーション開発から組込ソフトウェア開発など幅広く担当しています。

また、中国市場において独自開発した製品の提供も開始しており、製品開発の幅を拡大しています。

CSRの取組み

CSRの取組み

「人を中心としたオートメーション」を事業活動の基盤として、社会の持続的発展に貢献するCSR経営を実践しています。お客様と社会の持続可能な発展を目指し、人を重視した、経済・環境・社会への積極的な貢献に努めています。

1、CSR経営
コンプライアンスの徹底や、防災、情報セキュリティ、品質・PL、会計などの分野におけるリスク管理、内部統制の推進、職場環境の改善やそこで働く人の安全・安心の追求に取り組んでいます。

2、環境への取組み
省資源の考え方から消費電力の削減に取り組んでいます。

経営理念

人々の「安心、快適、達成感」を実現し、地球環境に貢献します

人々の「安心、快適、達成感」を実現し、地球環境に貢献します

私たちは、「人を中心としたオートメーション」で、人々の「安心、快適、達成感」を実現するとともに、地球環境に貢献します。そのために、

私たちは、お客さまとともに、現場で価値を創ります。

私たちは、「人を中心とした」の発想で、私たちらしさを追求します。

私たちは、未来を考え、革新的に行動します。

経営目標

今までの10年の歩みを振り返ると共に、今後も継続的に成長します

今までの10年の歩みを振り返ると共に、今後も継続的に成長します

我々はアズビルグループの開発会社として、今までの10年の歩みを振り返ると共に、今後も継続的に成長していくために2つの基本方針を定めました。

顧客に信頼されるパートナーとなるために高度な技術や知識を持った専門家集団となる。

顧客へのソリューション提案や独自開発製品の提供を通じて自らの競争力を高め、自立体制を強化する。

行動基準

アズビル株式会社の行動基準に加えて、独自の行動基準を制定

アズビル株式会社の行動基準に加えて、独自の行動基準を制定

アズビル株式会社の行動基準に加えて、独自の行動基準を制定しています。

企業倫理を守る(コンプライアンス強化)。

「品質(Q)、コスト(C)、納期(D)」のすべての側面を満足するソフトウェアを提供する。

独創性を十分に発揮して、未来に向けて継続的に発展していけるための新技術を学習する。

仕事の目標と計画を明確にし、個人とチームの成果を最大限にするために行動する。

企業倫理

常に受け手の立場に立って考え、行動すること

常に受け手の立場に立って考え、行動すること

アズビル情報技術センター(大連)では、法律はもとより、行動基準や社内規程を守ること。

さらには役員・社員一人ひとりが高い倫理観を持ち、受け手の立場に立って考え、行動することと定義しております。

1、企業の公共性、社会的責任の遂行

当社の役員と社員は、企業の公共性を自覚し、自己の責任において健全経営に徹し、内外経済・社会への社会的責任を果たし、社会の長期的かつ安定的発展に貢献する。

2、公正な商取引の遵守

当社の役員と社員は、法規および適正な商習慣ならびに社会的規範を十分理解し、その精神を遵守し、内外において誠実かつ公正な商取引を旨とする。

3、人間尊重の社会行動

当社の役員と社員は、何人に対しても基本的人権を尊重し、健康で豊かな精神を育み、自由闊達な組織・社会の創出に貢献する。

4、会社財産の管理・運用

当社の役員と社員は、会社の有形、無形の知的財産ならびに情報の価値を十分認識し、公正かつ適正な管理、運用に努める。

5、環境保護の推進

当社の役員と社員は、地球環境・資源の保護ならびに環境汚染防止を推進し、かけがえのない豊かな地球を後世に引き継ぐよう努める。

項目へ戻る

CONTACT US—— お問い合わせ ——

お気軽にお問い合わせ下さい

azbil GLOBAL—— グループ企業 ——

  • アズビル株式会社
  • 阿自倍尔仪表(大连)有限公司
  • 阿自倍尔自控工程(上海)有限公司
  • 上海阿自倍尔控制仪表有限公司